健康的な生活を送るために関節可動域を広げよう!|藤沢で腰痛改善!【腰痛整体+エクササイズ(ストレッチ運動)】が同時にできるから慢性腰痛が根本改善する!

Call: 0466-51-9215
  • オンライン予約
  • メールでお問い合せはこちら
〒251-0052 藤沢市藤沢1049 大矢ビル2F / JR(小田急)藤沢駅北口徒歩6分

まことブログ

関節可動域を広げると、血流とリンパの流れが良くなります!

お知らせホグレルマシンについてまこと整体について

関節にはどのくらい柔軟に動くかを表す「関節可動域」があります。野球やフットサル、ゴルフなどスポーツをしている人にとっては重要な要素ですから、パフォーマンスの向上を目指して、トレーニングマシーンを利用している人も多いです。また、リハビリの分野においても関節可動域の訓練は行われています。

 

そもそも関節可動域とは?

簡単に説明すると各関節が運動できる範囲のことです。骨を動かす関節は筋肉と交わり、じん帯や腱などともからみ合っています。そして、こうした組織の構造がどのくらい固まっているかで関節可動域は左右されます。

組織の構造がゆるく柔軟であればあるほど大きく動き、反対に強固であればあるほど動きは小さくなります。股の屈曲は0~125度、伸展は0~15度といった一定の基準があり、こうした数値を参考にリハビリでは関節可動域訓練が行われているのです。

 

こんな生活に注意

  • デスクワークなど同じ姿勢で長時間作業をする
  • 休日は家でゴロゴロが習慣化している
  • ストレッチをせずに運動をする
  • 身体を動かすと痛くなり、あまり動かさない
  • 長時間ゲームをしている

こうした生活習慣を送っている方は、関節可動域が狭くなる傾向にあります。1つでも当てはまる要素がある方は注意してください。

 

関節可動域が狭くなると

関節可動域は広いことが理想です。しかし、ストレッチ不足などが続くと関節構造は固くなり、可動域は狭くなっていきます。そして、肩や腰、膝などに負担がかかり、関節を伸ばしたり動かしたりといった動作がスムーズにできなくなるのです。

また、スポーツ選手であればパフォーマンス低下に繋がります。スポーツやリハビリは勿論、日常的な動作にも関係してくるからこそ、関節を柔軟に保つためのケアが必要です。

 

 

藤沢市にある「まこと整体院」では「ダイナミックストレッチ」を行う「ホグレルマシン」を使用して、身体のバランス調整や動作改善、機能改善を行っています。ホグレルマシンは無理なく操作できるため、高齢者やリハビリにも使用可能です。関節の柔軟性を高めたいという方はお気軽にご相談ください。

また、「まこと整体院」では骨格矯正も行っており、身体の歪みを整えていきます。身体の歪みは肩こりや腰痛といった症状を招くため、早めに調整することをおすすめします。